世界どこでも歯医者さん『海外医療のコンビニ』

<お問合せは、ここから>
『海外の歯科』医療ご相談



  • 海外の歯科を探すなら【世界どこでも歯医者さん】
    世界で『あなたを最適な歯科に』ご案内します。

    HOME >  海外で日本語が通じる病院をお探しの方は【世界どこでも歯医者さん】へ >  香港で日本語が通じる歯科を簡単に探せる【世界どこでも歯医者さん】~知っておきたい海外の医療制度~

    香港で日本語が通じる歯科を簡単に探せる【世界どこでも歯医者さん】~知っておきたい海外の医療制度~

    海外の医療制度は大きく分けて3つ

    海外の医療制度は大きく分けて3つ

    ビジネスや観光で海外を訪れる場合、訪問国の医療制度がどうなっているのか気になるでしょう。海外の医療制度は、大きく3つに分けられます。

    まずは、税金を財源とし、公的機関が中心となって医療サービスを提供する「国営医療モデル」です。イギリス・スウェーデン・カナダなどが採用しており、医療保険料を支払うことはありません。

    次に、社会保険を財源とし、公的機関と民間機関が医療サービスを提供する「社会保険モデル」です。日本をはじめ、フランス・ドイツ・オランダなどが導入しており、有事の際には国庫の資金を使い援助されながら運営にあたります。

    最後は、民間保険を財源とし、民間機関が医療サービスを提供する「市場モデル」です。市場モデルの国としてはアメリカが有名で、全面的に民間の力に頼り、国は運用に関するサポートのみを行います。

    中国の医療制度は?

    近年、ビジネスや観光で多くの人が訪れる中国は、どのような医療制度なのでしょうか?

    中国では、1951年から公的医療保険制度がスタートしました。都市部で働く会社員や自営業者は「都市職工基本医療保険」に、都市部の非就労者や農村部の住民は「都市・農村住民基本医療保険」に加入しております。

    加入が義務付けられている「都市職工基本医療保険」に対し、高齢者・学生・児童などの「都市・農村住民基本医療保険」への加入は任意です。また、「都市職工基本医療保険」の保険料は企業の負担が重く、従業員が軽くなっております。

    中国・香港(九龍など)での急な病気には【世界どこでも歯医者さん】
    ~日本語が通じる歯科を紹介~

    中国・香港(九龍など)での急な病気には【世界どこでも歯医者さん】~日本語が通じる歯科を紹介~

    中国・香港(九龍など)での急な病気には、日本語で対応可能な歯科が検索できる【世界どこでも歯医者さん】をご利用ください。

    日本と気候や食文化が異なる海外では、予期せぬ病気にかかってしまうことがあります。発病しても慌てず、まずは【世界どこでも歯医者さん】で日本語が通じる歯科をお探しください。

    ビジネスマンが多く訪れる上海や北京はもちろん、観光客の多い香港の九龍や新界、モンゴルのウランバートル、マカオのタイパ島など、世界各地で日本語対応の歯科が検索できます。海外旅行の前に、スマホにご登録ください。

    歯科情報はこちら

    日本語が通じる歯科をお探しなら【世界どこでも歯医者さん】をご利用ください

    会社名 JAPAN MEDICAL ASSITANCE
    ブランド名 世界どこでも歯医者さん
    メール info@hkgdoctor.com
    主な地域 香港 / マカオ / 台湾 / その他、世界どこでも
    主なサービス 医療アシスタンス:通訳 / ホテル往診(訪問診療)
    URL https://hkgdoctor.com/