コンゴ民主共和国でのエボラ熱流行は鎮静化

2018年7月6日

4月初旬からコンゴ民主共和国の赤道州で発生してたエボラ熱の流行は、6月になり鎮静化しています(WHO 2018-6-20)。累積患者数は6月中旬までに疑い例も含め60人(うち27人が死亡)ですが、新しい患者は6月2日以来、報告されていません。


Posted by 世界の歯科を探すなら【世界どこでも歯医者さん】海外で『最適な歯科』をお探しします。 at 21:40 / 『今、流行している病気』,アフリカ,アラブ諸国・トルコ・アフリカ

香港ドクター24 ブログ