香港・中国・台湾の病院検索サイト【香港ドクター24】

医師の海外移住のトラブルは?

2017年5月27日

海外で就業することができる医師資格というものを獲得しても、実際に海外で働くとなると、移住などのやり方も覚えておかなければならないでしょう。その目的であったり、年齢によっては、海外生活するための方法が変わってくるということなんですね。

一般的に海外移住をしている日本人が近年増加している傾向があるのは、定年後に煩わしい日本から離れ、ゆっくりとした老後を過ごしたいというパターンが挙げられます。定年後や退職後など、中高年の年齢層で海外移住をする場合には、リタイアメントビザを取得し、現地に長期滞在をするという方法がスタンダードな海外移住の方法ですね。

家族がおり、家族みんなで海外移住をする場合には、住みたい国に移住することが可能であるビザが必要になります。たとえば永住権が必要なのか、前述にあるようなリタイアメントビザが必要なのかを情報収集し、その取得方法も知っておかなければ、トラブルに巻き込まれる可能性が高いと言えるでしょう。また海外勤務をした後に、また日本に帰ってきたいと思っているのか、死ぬまでその国で医師としての一生を遂げたいと思っているのかによっても、必要となるものが変わってきますから、調べておきましょう。

長期間海外へ医師として活躍するために、就労ビザを取得して働くという方法がありますが、実は経済情勢が不透明である、現在のような世界情勢下においては、解雇による失業のリスクや、雇用先のスポンサー企業の倒産などにより、就労ビザが無効になってしまうというトラブルにも見舞われることがあります。こういった場合には、残念ながら、日本への帰国というものを余儀なくされてしまうケースがほとんどですから、しっかりと調べておくことが大事になってきますね。

さまざまに海外移住をする方法は存在するものの、一番にトラブルに見舞われにくい方法としては、やはり永住権を取得して、働きたい国の永住ビザをとってしまうということが、一番の方法ではないでしょうか。永住権を取れる条件というものも、それぞれの国よってさまざまに存在しています。海外で医師として働ける免許を取得したとしても、その国に滞在できる条件を満たしていなければ、そこに住んで働くということはできません。こういったことの情報収集も海外転職を目指す場合には必要になってきますので、転職支援サービスサイトなどをフルに活用し、転職活動を行っていくことをおすすめします。


Posted by 香港の病院検索サイト【香港ドクター24】 at 08:37 / 海外日本人医師

メールでの
お問い合わせ

新着情報

医療コラム

日本国内の医療関係者様へ

病院・クリニック・医療関係者様・学生の皆様へ
<香港ドクター24>では、香港・マカオ・中国本土(広州・深セン・珠海など)の病院・クリニック・診療所・薬局及び、医療関連施設を、日本人の通訳兼ガイド付きにて、ご案内させていただきます。ご希望の滞在日時・訪問場所がございましたら、お気軽にメール(info@hkgdoctor.com)にてご相談ください。

香港 日本人 日本語 病院 香港ドクター24 ブログ 求人情報

▲ページTOPへ