中国・香港・台湾在住の日本人のための病院検索

☆性行為感染症とは?

2016年11月4日

性行為(SEX以外でもディープキス、ペッティング、フェラチオ、クンニリングス、アナルセックス等、道具を使った行為等も含める)によって感染する全ての感染症を指します。感染源は、体液(精液、膣分泌液、血液など)の中に含まれ、おもに人体の粘膜(陰茎、膣、肛門、尿路)を介して感染します。また、口腔、のど、気道、眼からも感染することがあります。性行為感染症(STDs)は、多くの異なる疾患があります。主な性行為感染症(STDs)として、次の疾患が挙げられます。

・梅毒
・淋病
・非淋菌性尿道炎
・クラミジア
・陰部ヘルペス
・トリコモナス
・骨盤内炎症性疾患(PID)
・HIV/エイズ

>原因は何ですか?
性行為感染症(STDs)の感染経路は、それぞれの疾患ごとに異なり、細菌、ウイルスや寄生虫による感染が考えられます。

>一般的な症状は?
それぞれの性行為感染症(STDs)により治療方法も異なり、特に女性の疾患は症状が見られない場合があります。一般的な症状としては、ペニスや膣からの異常な分泌液、排尿時の痛みや不快感、陰部の発疹、潰瘍、水泡やイボ、性器のかゆみ、炎症があります。

>適切な予防策は?
性行為感染症(STDs)の多くは、安全な性交渉で防げます。性感染をしていない1人のパートナーとのみお互いに行う。コンドームを適切に使う。

>性行為感染症であるとどのように分かりますか?
第一に、専門医による診察をお勧めいたします。性行為感染症は、生殖器分野からの採取、血液検査または尿検査により診断されます。あなたと性交渉した人も同様に、性行為感染症のためにテストをする必要があります。

>治療法は何ですか?
多くの性行為感染症(STDs)は、抗生物質などの薬剤投与により、治療されます。専門医からの指示に従い、所定の錠剤の服用が必要です。ご自身の判断では、適切に治療されていない可能性があります。ご自身と同時に、感染した可能性が高いパートナーも診察をお勧めします。パートナーが感染している場合、ご自身が再度感染する可能性があります。ウイルスにより引き起こされる性行為感染症の場合、不快感をなくし、再発を防止する事を助ける治療法があります。治療期間中、病気の拡散を防ぎ、薬剤治療の効果を持続させるために、性的接触を控えていただくことをお勧めいたします。ご自身の性行為感染症が、治癒または制御されていることを確認するためには、専門医の再診が必要となります。

>どのように治療したら良いのですか?
性行為感染症は身体全体に影響を及ぼす深刻な疾患です。性行為感染症のなかには、適切な治療を施さない場合、子孫に影響を及ぼすものもあります。ご自身による独断での治療は、ご自身だけでなくパートナーにも悪影響を及ぼします。何らかの疑いがございましたら、専門医師による適切な指導をお勧めします。


Posted by 中国・香港・台湾の病院検索サイト:日本語対応の日本人向け病院・クリニックを診療科目とエリア毎に分類:香港ドクター24 at 05:59 / 医療コラム

医療コラム

メールでの
お問い合わせ

日本国内の医療関係者様へ

病院・クリニック・医療関係者様・学生の皆様へ
<香港ドクター24>では、香港・マカオ・中国本土(広州・深セン・珠海など)の病院・クリニック・診療所・薬局及び、医療関連施設を、日本人の通訳兼ガイド付きにて、ご案内させていただきます。ご希望の滞在日時・訪問場所がございましたら、お気軽にメール(info@hkgdoctor.com)にてご相談ください。


▲ページTOPへ